マウスコンピューターのG-Tune P5をご紹介!15万円以下のノートPCの実力は?

日本のPCメーカーで有名なマウスコンピューターではゲーミングPCの製造販売も行っています。

今回はマウスコンピューターのゲーミングノートPC「G-Tune P5」についてご紹介します。

この記事を読むと・・・
  • G-Tune P5の特徴がわかる
  • G-Tune P5のカスタマイズやサポートなどのサービスについて理解できる
  • G-Tune P5の価格がわかる
  • G-Tune P5のデメリット・メリットがわかる

低価格かつ性能の良いゲーミングノートPCを探している人にはかなりおすすめの製品です。ぜひ最後までご覧ください!

なお、ゲーミングノートPCの選び方については、以下の記事にまとめていますので、ぜひチェックしてみてください!

目次

マウスコンピューターG-Tune P5はここが魅力!

引用:mouse-jp.co.jp

マウスコンピューターのG-Tune P5は、スタンダードモデルに位置付けられる製品です。G-Tune P5の主な仕様は以下のとおりとなっています。

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i5-11400H プロセッサー
グラフィックスGeForce® GTX 1650
メモリ標準容量16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
M.2 SSD512GB (NVMe)
パネル15.6型 液晶パネル (ノングレア)
無線インテル® Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵
WEBカメラ前面:100万画素
動作時間(標準バッテリー使用時最大)約 6.5時間
本体重量(kg)約2.02kg
保証期間1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

それでは、G-Tune P5の魅力は一体どこにあるのでしょうか。以下にまとめてみました。

G-Tune P5はここが魅力!
  • インテルCoreプロセッサー
  • GeForce GTX 1650
  • 持ち運びに適した軽量・薄型ボディ
  • キーボードLEDバックライトをカスタマイズ可能
  • 操作エリアの広いタッチパッド(71.9×119.2mm)

インテルCoreプロセッサー

引用:mouse-jp.co.jp

G-Tune P5は、Intel Corei5-11400H プロセッサー搭載。高いフレームレートが求められるゲームにも対応ができる性能を有しています。

コア数は、前世代の4コア8スレッドから6コア12に増加。ゲーム実況やストリーミング配信などバックグラウンド処理能力が要求されるゲームでも高いパフォーマンスを発揮できます。

GeForce GTX 1650

引用:mouse-jp.co.jp

G-Tune P5のグラフィックスは、画像/映像処理にも対応したGeForce GTX 1650を搭載しており、高いゲーミング性能を発揮することが可能です。

マルチディスプレイ、4K UHDの出力など、高解像度環境でも安定した処理と低遅延を実現できます。

持ち運びに適した軽量・薄型ボディ

引用:mouse-jp.co.jp

G-Tune P5のバッテリーには、リチウムポリマーバッテリーを使用。これにより、15.6型でも厚さ22.8mm、重量2.02の軽量薄型を実現しました。

ゲーム仲間同士での集まりや大会などへの持ち運びかとても楽になります。

キーボードLEDバックライトをカスタマイズ可能

引用:mouse-jp.co.jp

キーボードにはLEDバックライトを搭載しており、暗い場所でのキーの視認性を高めてくれます。RGBのLEDによって1つのゾーンにカラーを指定することが可能で、イルミネーション設定もできます。

操作エリアの広いタッチパッド

引用:mouse-jp.co.jp

搭載されているタッチパッドは71.9mm×119.2mmと広め。普段使いにおけるドラック&ドロップ、スクロール、スワイプなどの操作がとてもしやすい大きさとなっています。

自由にカスタマイズも可能!

G-Tune P5を購入する際、価格を上乗せすることでさまざまなカスタマイズができ、自分の用途に合ったスペックで注文が可能です。カスタマイズできる内容は以下のとおりです。

OSWindows 11 HOME 64ビット
Windows 10 Pro 64ビット(ダウングレード権利用)
Windows 11 Pro 64ビット
メモリ16GB
32GB
64GB
SSD512GB NVM2 SSD
1TB NVM Express SSD
1TB NVMe SSD
2TB NVM Express SSD
2TB NVMe SSD
SSDまたはHDD1TB HDD
2TB HDD
外付けストレージ外付けSSD(500・1TB)
外付けHDD(2・4TB)
外付け光学ドライブDVD
Blu-ray

プレイしたいゲームの推奨スペックを参考に必要な機能だけをカスタマイズをすれば、オーバースペックを防ぐことができてなるべく費用を抑えることも可能です。

PCをカスタマイズして注文できるメーカーはマウスコンピューター以外にもありますので、気になる方は以下の記事をぜひご覧ください!

価格はWEB販売価格で149,800円〜

ゲーミングPCと聞くと高価なイメージがあるかもしれません。実際、デスクトップ型はもちろんノートPCでも20〜30万円以上する製品が多くあります。

しかし、G-Tune P5のWEB販売価格は、税込149,800円〜と非常に低価格!(カスタマイズ内容によって価格が上乗せされます)。十分な性能を持ちながらも、手の届きやすい低価格で販売されています。

お得なセールも!

また、G-Tune P5を販売していマウスコンピューターでは、お得なセールも定期的に実施しています。G-Tune P5もセール対象となることがあり、お得に購入できる場合がありますので、ぜひマウスコンピューターのセール情報を確認してみてください!

↓マウスコンピューターのセール情報はこちら↓

デメリットとメリットは?

非常にお手軽で性能も十分なG-Tune P5ですが、どのようなデメリット・メリットがあるのでしょうか。

デメリット:リフレッシュレートが60Hz

G-Tune P5のデメリットは、モニターのリフレッシュレートが60Hzであるということ。リフレッシュレートが60Hzだと、高いフレームレート(fps)でプレイしたくてもMaxで60fpsの性能しか出せません。

本気でゲームをプレイしたい場合は、別売りのゲーミングモニターを購入して接続することをおすすめします。

メリット:シンプルなデザインで普段使いもOK

引用:mouse-jp.co.jp

G-Tune P5のメリットは、落ち着いたデザインで普段使いにも最適という点です。ゲーミングPCは見た目が派手な製品が多く、外出先でメールや文書作成をしようすると目立ってしまうということがあります。

しかし、G-Tune P5なら通常のパソコンと同じようなシンプルなデザインのため、カフェなどでも目立たずに作業ができます。

また、CPUなどの性能もよくゲーム以外でも高い処理性能を発揮することができます。

引用:mouse-jp.co.jp

G-Tune P5 [ Windows 11 ]

WEB販売価格:¥149,800(税込)〜

まとめ

G-Tune P5の仕様や魅力、デメリット・メリットなどについてご紹介しました。

G-Tune P5 まとめ

G-Tune P5はここが魅力!

  • インテルCoreプロセッサー
  • GeForce GTX 1650
  • 持ち運びに適した軽量・薄型ボディ
  • キーボードLEDバックライトをカスタマイズ可能
  • 操作エリアの広いタッチパッド(71.9×119.2mm)

価格は?

  • WEB販売価格:税込149,800円〜(カスタマイズ内容によって上乗せ)
  • セールの実施により割引で販売されることも!

デメリットは?

  • モニターのリフレッシュレートが60Hz

メリットは?

  • シンプルなデザインで普段使いにも最適!

G-Tune P5は、まさにスタンダードと言え、ライトゲーマーからミドルゲーマーにおすすめの製品です。

もし、できるだけ安いゲーミングノートPCを探しているのであれば、以下の記事で、さまざまなメーカによって販売されている安いゲーミングノートPCをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

また、マウスコンピューターのおすすめゲーミングPCについても以下の記事にまとめてますので、ご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲームが大好きな一児の父。現在は主にフォートナイトをプレイしており、どっぷりハマっています。ゲームに関する様々なお役立ち情報を発信中!皆さんのゲームライフの一助になれればうれしいです!



コメント

コメントする

CAPTCHA


目次